about yellow inc.
会社概要
会社名
株式会社イエロー
代表取締役
森田法勝
所在地
本社
374-0011群馬県館林市羽附町1818-1
東京支社
〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町 3-3-1
トルナーレ日本橋浜町211
tel:03-6425-7720 fax:03-6425-7721
http://www.yellow-inc.com
足利工場
326-0844 栃木県足利市鹿島町826-1
tel:0284-22-4321 fax:0284-22-4320
設立
1991年3月
資本金
1,120万円
取引銀行
三井住友銀行・みずほ銀行
業務内容
プロダクトデザイン、デザインコンサルタント、博物館企画・デザイン・プロデュース業務、自社開発製品の企画・設計・製造・販売
イメージ:株式会社イエロー栃木県足利工場
株式会社イエロー足利工場
開発・製造の拠点を栃木県足利市に新設。
森田法勝 Norikatsu (Nick) Morita
イメージ:代表・森田法勝
1958年生まれ
1980年、東京造形大学 インダストリアルデザイン学科卒業
1980年より、三洋電機株式会社/デザイン開発
1983年より、ナカミチ株式会社/デザイン開発
1988年より、ドイツに本拠を発し、インターナショナルに展開する総合デザイン会社、フロッグデザインにてデザイナー活動
1991年より、より包括的なデザイン活動を目指して株式会社イエローを設立。具体的なデザインワークと平行して、新たなるデザイン開発プロセスの開拓及びコンセプトワークを展開。
1992年より、インターナショナル コミュニケーション ネットワーク"BRIDGE"の活動に参画
1993年、ドイツ「IF賞/iF Industrie Forum Design」審査委員(日本人初)
1994年より、ミュージアムプロジェクトのコンセプトワーク・コラボレーションワーク及びデザインワークを本格的に始める。一例:むつ市科学館(青森県・むつ市)、国土地理院・地図と測量の科学館
(茨城県・筑波学園都市)等
科学技術館FOREST(東京都・北の丸公園)/総括アートディレクター・プロデューサー
1996年、科学技術館FORESTプロジェクト(総括アートディレクター、オリエンテーリング/プロデューサー)にて、ディスプレイ産業大賞(通商産業大臣賞)、ディスプレイデザイン優秀賞を受賞
1997年、「鳥取市歴史博物館」企画着工/総合プロデューサー
1999年、大阪市「住まいのミュージアム」/企画デザインサポート
2000年、鳥取市歴史博物館竣工
2001年、科学技術館「ゲノム」(クライアント/理化学研究所)企画デザインディレクター
2002年、三洋電機株式会社(現パナソニック株式会社)「ソーラーアーク/太陽電池科学館・ソーラーラボ」/総合プロデューサー
2004年、大成高校「風のミュージアム」企画デザインディレクター
2005年、三洋電機株式会社(現パナソニック株式会社)「ソーラーアーク/太陽電池科学館・フィールドラボ」/総合プロデューサー
2005年、タタメット(折りたたみヘルメット)開発開始
2006年より、科学技術館デザイン顧問
2007年、タタメットにて、グッドデザイン賞受賞。GDPアワード2007 、総合3位
2008年、タタメットズキン発表
2009年、カクメット発表
2009年、カクメットにて、グッドデザイン賞受賞。
2010年、タタメットズキン販売開始
2013年、タタメットBCPを自社工場で生産開始
2014年、タタメットズキン2を販売開始。
2014年、タタメットBCPプレーンタイプを販売開始。
2014年、タタメットズキン3を販売開始。